仮面ライダーフォーゼ 第31話の感想とか - 特撮アニメにドラマ萌え!

仮面ライダーフォーゼ 第31話の感想とか

下の子の風邪が移って、先週の木曜辺りからダウンしてました。
ようやっと復活のきざし……。久し振りに38度を超える熱が続いて、しんどかった……。
仮面ライダーフォーゼ第31話、まさかの展開でしたねえ。熱あっても、フォーゼだけは布団から這い出して、観てました(笑)




誰が進化するのか興味津々だったアリエス・ゾディアーツは、流星(吉沢亮)と入れ替わりに星昴に入った交換留学生君があっさりなってたし。あらまあ、でした。


天ノ川から離れてた事で、仮面ライダー部からもノーマークでやりたい放題で、ホロスコープスにまで進化したようです。


そして。
メテオが流星なのもあっさりバレてしまうし。まさか、タチバナ氏、あんな状態でメテオの変身解除をしてしまうとは思わなかった。正体を知られないようにって言ってたくせに、自分はあんな場面でメテオが流星なのをバラしてしまうんだもんなあ。


つか、流星の二郎(横浜流星)の想う気持ちを、タチバナ氏はいいように扱い過ぎてたんじゃない?
流星にとって、二郎は何よりも大事な友達で、その為になら弦太朗(福士蒼汰)達を裏切っても構わないとすら思ってたんだし。


ちょっと、流星が気の毒に思えたシーンでもありました。
弦太朗はそんな流星もちゃんと受け入れてたんだよね。今度こそ、本当の友達になれるかな。




ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。