仮面ライダーフォーゼ 第20話 感想 / 流星(吉沢亮)の本気 - 特撮アニメにドラマ萌え!

仮面ライダーフォーゼ 第20話 感想 / 流星(吉沢亮)の本気

賢吾(高橋龍輝)に垣間見せた、本心。
自分がそれを言ってしまったばっかりに、後悔している言葉。
賢吾に、それを言ったらお終いだ、と熱く語った表情。
あれが、流星の本当の姿なんだろうなあ。





仮面ライダーフォーゼ第20話、流星が、少しだけではあるけれど、
本気で賢吾にぶつかっていった姿が観れて良かったです。


流星って、もしかしたら弦太朗(福士蒼汰)に負けず劣らずな熱血君なのかも知れないなあ♪
頭脳明晰という点は、ちょっと違うけど(笑)




本気だったからこそ、賢吾も流星の言った事を素直に受け入れられたんだろうなあ。
いつもの流星の姿であれを言ったって、賢吾には伝わらなかっただろうし。


流星がみんなに本心をぶちまけられたら、きっと仮面ライダー部の強力な
助っ人になれるだろうになあ。


早くそうなる事を願いつつ、今後の展開に期待するところですね。


ま。
二郎(横浜流星)の事がある以上は、流星は仲間にはならないだろうけど。
あの、謎のタチバナ℃≠ヘどうみても二郎の件をエサに、流星を上手く使ってるという気がして
なりませんけど……。


アリエスなるホロスコープスは、12使徒の中でも特別なゾディアーツなのかな。
その辺ももっと知りたいですわねえ。


あ。
やっぱり天ノ川学園に警察が来てました。そりゃそうだろう。
来ないと変だもん。あ〜んな怪物が徘徊してるのだもの。生徒から親はその話しを聞いてるだろうし、
警察に通報がいっても当たり前だからねえ。



ドラゴン・ゾディアーツは野本部長(安藤龍)だった



留美(加藤侑紀)かなあと思ってたけれど、やっぱりフェイクでしたか。
部長が、留美が賢吾をアドバイザーにしてたのが気に入らなかったのね。その辺の描写、さらっとでも
欲しかったかなあ。


賢吾を怖い目で睨んでる、とか。
でも、そうしたらドラゴンが誰がすぐ分かっちゃうか。


速水校長(天野浩成)も立場が危うい?



ドラゴン・ゾディアーツも結局はフォーゼに倒されて、またしてもホロスコープスまで
到達出来そうなゾディアーツを失ってしまい、我望(鶴見辰吾)に叱咤を受ける速水校長。
理事長の方が権力があるのかな。


次も控えてるようですが、うーむ。




ところで。
仮面ライダーフォーゼ第20話での最強の武器は……


友子(志保)の持っていた、白蛇の抜け殻でしたねわーい(嬉しい顔)



白蛇は財運のお守りのようですが…↑
失くし物を探すのにも効く?(笑)



ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。