ウルトラマン列伝 第19話 感想 / ウルトラマンネクサス - 特撮アニメにドラマ萌え!

ウルトラマン列伝 第19話 感想 / ウルトラマンネクサス

ウルトラマン列伝も実は毎週観てます。今週はフォーゼもお休みだったし第19話がウルトラマンネクサスというので、こっちの感想書きます。



といっても。
昨日は丁度ウルトラマン列伝の時間って、出かける用事があって録画をセットしてたんですが、失敗してた…(TT)


なので、下の子から聞いた話しを元に、思うところを綴ってみます。


実際に観てたら、かーなーり
文句垂れてたかも知れません。


だって…


姫矢准編は殆どスルー!




姫矢准(桐島優介)はちょこっと出てたらしいのですが、溝呂木(俊藤光利)とか出てこなかったって言ってたし……


姫矢編は確かに物語の展開はゆっくりめだし、暗いし、斎田リコ(中丸シオン)は段々おかしくなっていくし…で、観るのはきついパートではあったですが


姫矢編を飛ばしたら、それに続く千樹憐(内山眞人)編とのリンクとか細かい設定分からなくなっていくんですけどねえ…


第19話で紹介されたのは千樹憐編の最終話と最終回がメインだったと下の子は言ってましたが……


そこだけ観ても、最終回の感動伝わらないよーちっ(怒った顔)


真木舜一(別所哲也)編は全然出てなかった




真木舜一編は劇場版「ULTRAMAN」なんですが、これも出さないと……
姫矢准は2ndデュナミストなのだし。1stの存在を仄めかしておかないと…ってものじゃないですの?


B'zの松本孝弘氏が音楽を監修してます↑


と、これまた不満でございました。
実際第33話、34話で、ULTRAMAN と話しがリンクしますしね。
まあ、ウルトラマン列伝19話では、その辺も全然触れてなかったそうですけど。


ウルトラマンネクサスの物語を30分で収めるのって難しいですよお。



野々宮瑞生(宮下ともみ)もスルー(TT)




千樹憐編でのテーマの軸になってる部分でもある、千樹憐と野々宮瑞生の恋愛もスルーされてたゆうし…


憐と瑞生の触れ合いも憐編では、重要なテーマなんですけどねえ。
ウルトラマンシリーズにしては珍しく男女の関係も、ウルトラマンネクサスでは語られているんですよね。


姫矢編では、弧門一輝(川久保拓司)と斎田リコもそうだったし。
ウルトラマン自体が小さい子供が対象の番組というので、男女のそういった関係って余り触れられてない事が多いんですけどね。


あたしが知ってるのは…
ウルトラマンティガでのダイゴ(長野博)とレナ(吉本多香美)でしょ……
そん位?


何となく描いてるというのはそこそこありますけど。



と、
このように下の子から聞いた話しでツッコんでみましたが
ウルトラマンネクサスは、視聴率的には決して人気のあったウルトラマンとは言えないんで、ウルトラマン列伝で取り上げられただけでも良かったってものかしら。


これで、ウルトラマンネクサスに興味を持って、DVDレンタルして観てみようかな、なんていう人がいたら嬉しいな。


第1話から、しっかり最後まで観て欲しいです。
最後に弧門一輝がネクサスからノアの姿に変わるシーンなんて、泣けるから。



次回のウルトラマン列伝第20話はまたウルトラマンダイナから、だそうですね。
ウルトラマンガイアまでしてくれるかな♪


ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。