タイムスクープハンター シーズン3最終回 感想 / 沢嶋雄一(要潤)、無事なのか! - 特撮アニメにドラマ萌え!

タイムスクープハンター シーズン3最終回 感想 / 沢嶋雄一(要潤)、無事なのか!

シーズン1、シーズン2共に最終回は元の世界に戻るという時に、沢嶋雄一氏は何らかのアクシデントに見舞われるというパターンだったのですが…


シーズン3もこれに漏れずにやられちゃってました。しかも今回は機器の故障じゃなくて毒吹き矢での攻撃を受け……あれって、かなりやばい状況じゃあ……


沢嶋雄一氏の身の上が心配です。
……という、最後のシーンが無性に気になる終わり方をされてしまったタイムスクープハンターの
シーズン3でしたが。


本筋は、戦国の世で自分達の村を守る為に『御免状』という書状を奉行に発行してもらう為に奮闘した村人の話し。


御免状という書状、取り敢えずは効力を発揮するものではあるんだなあ。
賊が「こんな紙切れなんか!」と破り捨てたりはしなかったんだろうか…などとも思いましたが。


それにしても、女性でも武芸に秀でざるを得なかったというのが、当時の生活が如何に大変だったかを想像できますね事務職だという侍がめっちゃ不甲斐なく映りましたわ(苦笑)。


色々あって御免状を手にした村の若い衆を別れて、元の世界に戻ろうとした時に、
ほら! 沢嶋雄一氏にとんでもないアクシデント発生ですよ。



次、シーズン4が始まるとしたら、沢嶋雄一氏がこの危機ををどう乗り切って
元の世界に戻ったのかを是非ともお話しして欲しいものですが……
シーズン2の第1話、何事もなかったように始まったもんなあ……



誰か、沢嶋雄一氏を助けに行ったりするんだろうか。



今回初めて出てきた「自己消去装置」。
そんな設備も装着されてたんですね。タイムスクープ社のジャーナリストさんも大変だなあ(苦笑)。










ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。