生まれる。 第9話 感想 / 太一(大倉忠義)が立ち直って、良かった - 特撮アニメにドラマ萌え!

生まれる。 第9話 感想 / 太一(大倉忠義)が立ち直って、良かった

愛子(田中美佐子)の実子でないことを他人(という訳じゃ、ないのだけど)から聞かさせて、気持ちが荒んでた太一でしたが、父親が残したパン屋を手伝ってるし、


こっちは大丈夫なよう。
あとは例の実父がどう出るか、ですねえ。


太一の言葉に、毒気抜かれた風でしたがあのまま大人しく姿を消すとも思えんし……。


ちょっと気になります。


それよりも浩二(中島健人)だわ。
取り敢えず危険な状態からは抜け出したようですが、症状は予断を許さない、って感じだものね。


何とか助かってくれるといいなあ。


すっかり浩二に感情移入して、生まれる。を観ております(笑)。
中島健人君が、なんか、凄く気に入ったのよお〜お母さんわ〜♪♪


そんな、
生まれる。第9話でした。



留美(西村知美)にも近く養子の縁が出来そうで、こちらも上手くいってそうです。


美子(竹富聖花)はというと……
お。反撃に出ましたね。周囲のいじめを撥ね返す力が沸いたようです。こっちも何とかなってきそう?



今回、友近がゲスト出演してましたね。
この辺って、ちょっちしんみりして泣けてしまったです。



あ。
愛子、陣痛が始まった?


次回は最終回ですが、愛子の子供は無事に生まれるのか……
浩二、助かるのか(←あたし的にこっちが気になったりして(笑))


地味といえば地味なんですが、何故か見逃せない気になるドラマです。
大杉漣が演じている産科医のセンセイが、お茶目で好きだなあ♪



こういう抱っこひも、あたしが出産した当時はまだなかったなあ。
見掛ける度に、いいなあと思っちゃいます。楽そう。




ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。