タイムスクームハンターシーズン3 第6回 感想 / 郵便配達人が拳銃を携帯してた - 特撮アニメにドラマ萌え!

タイムスクームハンターシーズン3 第6回 感想 / 郵便配達人が拳銃を携帯してた

今回も初めて知ったなあ…っていう雑学ですね。
郵便脚夫(明治の郵便配達人)が拳銃を携帯してたというのは。


そんなに危険な仕事だったんだ。
郵便物を配達するのって……


一部では馬車や汽車で配達していた区間もあったようですが、大部分は人力で輸送。配達物を狙った強盗事件が続発し、その対策として拳銃の携帯が許可されたとの事でしたが…


警官よりも先に拳銃の携帯許可が下りてたというのもまた
おお〜! でしたね。


今回の沢嶋雄一(要潤)氏の取材対象になった脚夫は、その拳銃を強盗に
奪われて、それを取り戻すまでの行動が記録=Bこういうドキュメントタッチのところもタイムスクープハンターの面白さですね。


観てて、ついどきどきしてしまいます。
ラストはいつもいい終わり方になるのは分かってるのですが、やっぱりどきどきしちゃうんですよねえ。


偶に、沢嶋雄一氏もトラブルに巻き込まれてしまったり……
変に自ら解決しようとすると、歴史が変わるかもという配慮なんでしょう、
滅多に行動は起こしませんが……


総集編にありましたが、一度始末書ものになった事もあったよう(笑)


実は、シーズン1の最終回の最後、タイムワープの機器が故障したらしく
元の世界に戻れないまま終わっちゃってたんですよ。


あの後どうなったのか、とても気になったのですが
何事もなかったようにシーズン2が始まって、あれ?と思った記憶があります。
あの時、沢嶋雄一氏はどうやって元の世界に戻ったとですかー。


【送料無料】タイムスクープハンター OFFICIAL BOOK




ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
※(記事内の商品リンクは楽天市場のものです)

特撮アニメにドラマ萌え・トップへ




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。