生まれる。 第6話 感想 / 太一(大倉忠義)の出生の秘密が…… - 特撮アニメにドラマ萌え!

生まれる。 第6話 感想 / 太一(大倉忠義)の出生の秘密が……

先週分は上手く録画出来ずに、飛び飛びでしか観てなかったので、
太一(大倉忠義)があんな傷害事件を起こしてたなんて、知らんかったです。


それにしてもあの先輩はヤな奴なんやね。コンペ用のデザインを盗んだり、今回も太一を侮辱するような事を言ったり……


愛美(堀北真希)が太一を『弟』だと言い切ったシーンは、ちょっとすかっと
したです。


愛子(田中美佐子)も、太一が養子なのを言い出せずにいたことを悩んでいたんですね。こういう事件があって、言うきっかけになったのは不幸中の幸い、というところですね。きっと。


太一に本当の事を告げるシーンは、ちょっと泣けました。
後は太一次第なんでしょうね。


その太一君、実の父親だとかいう男に付いていっちゃってますがく〜(落胆した顔)
駄目だよお、そんな所に行っちゃあ……




留美(西村知美)も、まだまだ愛子には複雑な気持ちを持っているようですが……
気持ちは分からないでもない。自分はこんなに努力して、それでも子供が出来ないのに愛子は簡単に妊娠しちゃって…と、恨めしく思っても仕方ないよなあ。


でも、こればっかりは………ねえ。



美子(竹富聖花)は、自分を苛めてたのが友達だと思ってたコだと気付いて……


ここも立ち直るのには、まだまだ時間が掛かりそう。
でも、10幾つ年下の兄弟が誕生するのって、そんなに嫌か?


あたし的にはそんなに嫌とも思わないけどなあ……。
やっぱ、嫌なもん??




1番気になるのは浩二(中島健人)の、病気の再発ですね。唯一骨髄移植が可能な母は妊娠中で、移植が無理となると………


浩二のこれからが、心配です。



生まれる。は単に高齢出産だけじゃなくて、周囲の色々な問題もテーマにした
結構見応えのあるドラマになってきてる感じがします。











ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。