海賊戦隊ゴーカイジャー第2話と外交官黒田康作今迄の感想とか… - 特撮アニメにドラマ萌え!

海賊戦隊ゴーカイジャー第2話と外交官黒田康作今迄の感想とか…

今回珍しく興味を惹いた戦隊もの。うちの子らにも評判いいです。
歴代の戦隊ヒーローが出てくるというのが、やっぱり受けてるみたいです。


よそ様の感想でもみたのですが、
戦隊もの版の仮面ライダーディケイド? みたいな。


そういや下の子はディケイド観るようになって歴代のライダーにも
興味持ったし……


ウルトラマンメビウスで兄さんたちが出てきたから
歴代のウルトラマンも観るようになったんだっけ。


昔のヒーローも侮れないですね。


という訳で
ゴーカイジャー第2話の感想と、今の内に外交官・黒田康作の
感想のまとめもしておきますだ。




海賊戦隊ゴーカイジャー第2話





つまりは成り行きでザンギャックと戦う羽目になってしまったんですね、
ゴーカイジャーの面々は。


マーベラス君の恩人のあかレッドの声が古谷徹氏だったのが、
個人的にd(><)


あれ。
ゴーカイジャー達はその力が何なのかはよく知らないまま歴代戦隊ヒーロー達の
力を受け継いでると……。


地球に隠されてる(らしい)お宝って、その歴代ヒーロー達を
蘇らせる方法とか何とか、かなあ。


1,2話を見た限りではそんな風にも思えるけど。
この先の展開がかなり楽しみです、ゴーカイジャーは。


マーベラス君、一見冷たそうな感じですが実は根はいいヤツなのね。
あの少年の事を、結局は気にしてあげてたり。


▲小澤亮太君出演の舞台だそう。




外交官 黒田康作




おおっと、山路課長が1枚噛んでましたのか。
意外な展開でした。


それっぽい雰囲気はちょっと醸し出してはいたけど、山路課長も
例に薬害訴訟の被害者の一員なんでしょうね。


大垣(柴咲コウ)刑事は、ダメ刑事かと思われてたけど実は優秀な
刑事の素質を持ってた、と。


うんうん。
そんなところ、ですね。その辺は思ってた通りですだ。




外交官黒田康作、今後の展開に目が離せなくなってきてます。
ちょっと前にネットで、評判今イチみたいな記事を読んだのですが


面白くなってきたと思うのよ、お母さんは。


黒田康作(織田裕二)は相変わらずスタンドプレイヤーのようですが、
どこぞの王女の失踪事件も、結果的に副大臣…というか外務省がいいトコ
取りしてるし



今期、昼ドラ以外でこれだけはきっちり観続けてる
ドラマになってます。


あ、外交官 黒田康作って既に続編映画の撮影してるとか、って
ネットでみたけど。


今度は「アンダルシア」だっけ。
観に行っちゃおうかな♪






ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。