獣医ドリトル第2話感想 / これだから動物ものは…… - 特撮アニメにドラマ萌え!

獣医ドリトル第2話感想 / これだから動物ものは……

泣けてしまうから、困ってしまいますよお。


や、好きですけど(笑)
動物が頑張って病気を直す…ってだけでもうるる…ってくるのに、
それに関わってる人間も治療してしまうんだもの。


泣けない訳ねえやんか(笑)。


獣医ドリトルが今年の秋ドラマの中では、あたし的には一番ヒットかも。







そうか、花菱先生(成宮寛貴)はそれがトラウマでオペが出来ないようになっちゃってたんだ。


その事に向きあわざるを得なくなった原因が、ライバルの大手動物病院の画策のせいだったのだから、笑っちゃうって<ライバル動物病院を。


これで花菱がオペ出来るようになったら、益々繁盛ってもんでしょ。


そんなドロドロの思惑と無縁の所に鳥取(小栗旬)は今のところいるようだけど、いずれ関わっていく事になるんでしょうか。


関わって欲しくないけど。


鳥取には、あのまま孤高の獣医師であって欲しいもんです。




今回はいるかと野良猫の話しでしたけど、今回もじんときましたね。
ドラマって分かってても思わずうるうるしてしまいますよ<動物もの。


ペットロス症候群だっけ?
幸か不幸かあたしは罹ったことないのですが。


ペットは今迄にそれなりには飼った経験はありますけど。


犬、猫、うさぎにインコ。ハトも飼った事あるわ。
犬なんて孫の代までいましたよ。


うち(←実家ね)は何故か動物が寄ってくる家でね。いつも何がしかの動物を飼ってました。
なのでペットロスしてる暇なかったのかも、だなあ。


最近は最後の一匹になってた猫がいなくなって……でも、野良猫がやっぱり寄ってきてたり(笑)
家には上げないけど、エサあげたりけがしたら病院で薬貰ってきてあげたりしてます<実家の母。




鳥取の治療費は流石に法外な高値だとは思うけど、動物の治療費って高いなあと
思った事はあります。


まあ、人間みたいに保険がないからね。
動物にも、人間のような保険があればいいのにね(←あるらしいですが)。


うちも、病気の犬に手術受けさせて事、ありました。
そん時6万くらい掛かったかな。


「6万のお犬さま」って笑ったけど。
手術のかいなく、術後暫くして逝っちゃったけど。


そんな事も思い出しつつ
獣医ドリトル、観ています。



次回は動物虐待に関する内容っぽいけど……
また、観終わってうるうるしてしまいそうです。



ひらめき小田和正 / グッバイ 【CD Maxi】









ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。