医龍3第2話感想 / カテーテルという技術は凄いんだなあ - 特撮アニメにドラマ萌え!

医龍3第2話感想 / カテーテルという技術は凄いんだなあ

すんません、
カテーテルという技術についての、あたしの認識はまだその程度なので。


でもさ。
幾ら高い技術を持っていても、あのように和を乱すような事を
するのはどうなんだろう。


倒産寸前にまで追い込まれてたんですよね、あの病院。
身内でごたごたしてる場合ぢゃないと、おかーさん思うのよね。


あんな風に自分の患者に割り込んできた黒木(遠藤憲一)に対して朝田(坂口憲二)が見せた態度は大人だなあ。


そう思いました。


そういった対立が、この先
思いもよらない展開になって云々……とドラマが進んでいくのかな。


どうでしょうか。




1、2を観てなくていきなり3から観始めたのでついていけるかな、と
思ったのですがその点は大丈夫でしたね。


前回、前々回を観なくてもOK。
助かったよ。



で、そのような内部のごたごたに嫌気がさして
南の島でお医者さんになるとか何とかとか………


え?
違う?


やー、
そろそろこっちのお医者さんのドラマも続きをやってくんないかなあ。



済みません、医龍3の感想でしたね。


不穏要素が徘徊する 病院の今後は気になるところですが
小池徹平くんの童顔も気になったりして(笑)。


優秀な外科医には違いないのだろうけど、(でも今回はオペの練習してたなあ(^^))
顔のせいで、患者から不信感を抱かれないのだろうかと、余計なお世話な事思ったり。



あのカテーテル医にしても麻酔科医(阿部サダヲ)にしても
何故ゆえ金髪?


二人とも似たような頭してるので、見わけつかねえやん(苦笑)




お医者さんのドラマはどれも結構ツボだったりするので、
観るのは楽しいです♪



▲原作も読んでみたくなりました。面白そうだし。


ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。