ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とスンヒ(キム・テヒ)に束の間の平和……/IRIS(アイリス)第16話感想 - 特撮アニメにドラマ萌え!

ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とスンヒ(キム・テヒ)に束の間の平和……/IRIS(アイリス)第16話感想

ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とスンヒ(キム・テヒ)にやっと平穏なひと時が訪れましたね。


まあ、
ここまでの道のりの長かったこと。こういう波乱万丈なドラマは観てて面白いんですが、反面あまりにも引っ張られるとちょっと疲れてきますわ。


でも。
ヒョンジュンとスンヒは今回置いといて(笑)。


あたし的にはやっぱりソンファvvv
最後の最後でやっと、それでも少しだけ自分の気持ちをヒョンジュンに言いますよね。「名前を呼んで」って。


ああもう、
なんていじらしいのかしら!


あたしがヒョンジュンの立場にいたら、ソンファに傾いてたかもなあ(苦笑)。だって、途中まではスンヒは死んだものとヒョンジュンは思い込んでたのだし。


取り調べ官がソンファに「何故同胞を裏切った?」と訊かれた時なんて、
何てむごい事訊くんだ、このすかぽんたんわぁ、と思っちゃったくらいに
ソンファ姐さんが気に入ってしまった今日この頃でした。


只、今回の核テロは北≠フ意向でなくてIRIS(アイリス)の陰謀だった訳なんで、北≠ノは忠誠を誓ってるけどIRIS(アイリス)ではないソンファがヒョンジュンと共にテロを防ぐ側に立ったとしてもそんなに不思議ではないんですよね。うん。


そして。
スンヒへの想いゆえにIRIS(アイリス)になってしまった(のよね?)サウも、気の毒といえば気の毒な役回りでした。スンヒがヒョンジュンといい仲になってしまったのを知ってるだけに、スンヒにヒョンジュンを消させるような事はさせたくなかったのだものね。


それを思うと切ないです。




さてさて。
テロは未然に防いだし、一件落着…かと思いきや。


やってくれましたビックさん。
NSSのおねいちゃんに手ェ出してたのは、こういう事でしたのね。で、用が済めば容赦ない。


ラストまでもうひと波乱ありなんですね♪


そうだよね。IRIS(アイリス)が何かはまだ出てきてないし。
正体を晒さないのならば、それもアリだと思うけどそれではヒョンジュンの復讐もまだ完全に遂げた訳でもない。


ビックさん、只者ではなさそうだとは思ってましたが、彼こそがIRIS(アイリス)の重要人物だったりして……



まだまだIRIS(アイリス)で楽しめそうです黒ハート



 


ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。