ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とサウ(チョン・ジュノ)が直接対決!IRIS(アイリス)第14回感想 - 特撮アニメにドラマ萌え!

ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とサウ(チョン・ジュノ)が直接対決!IRIS(アイリス)第14回感想

テロの内容が次第に明らかになってきました。
米軍まで巻き込んでのクーデターのよう。


うふ。
この手の陰謀やら何やらが跋扈する物語は
大好きですだ。


ヒョンジュンとサウが遂に直接対決。サウが本音を吐き出しました。
根底にはやっぱりスンヒの事があったようで。


そのスンヒも拘束を解いて、脱出。
ヒョンジュン達に合流出来……ないんだもんなあ。


この、焦らしがまた堪りませんわ♪
あ、でもヒョンジュンはソンファと行動を共にしているところに
スンヒが入り込むと、これまたややこしい三角が発生しないかしらん。


と思ってたら、あらあらあら。
またまた出会ってしまったじゃありませんの。


しかも、そんな面白い場面で続く、なんだもんなあ(笑)





NSS内部もごたごたが起こってます。IRIS(アイリス)大活躍ってところ?
単純に、ヒョンジュンのIRISへの復讐劇かと思ってたら、2国家を巻き込んでの
大騒動になってしまってるあたり。


ペク・サン局長の「15万人程度の犠牲で……云々」という言葉は
恐ろしいです。


で、次回予告ですが……
幾ら何でも街の真ん中で、あんなに派手にドンパチおっ始めてもよいもので
ありんしょか?


や、スパイってもっと地味に活動している存在かと……
以前読んだスパイ物の漫画にも書いてあったような……



▲これ。



そういえば。例のNSSのおねいさんに手ェ出してる北の工作員くんが
今回は出てきませんでしたが……


ビックの動向も気になってます。










ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。