蓮介(木村拓哉)は結局真絵美(篠原涼子)を選んだのね/月の恋人・最終回 - 特撮アニメにドラマ萌え!

蓮介(木村拓哉)は結局真絵美(篠原涼子)を選んだのね/月の恋人・最終回

シュウメイ(リン・チーリン)を追いかけるかな、とも思ったんですが、蓮介(木村拓哉)は、真絵美(篠原涼子)を最後には選びましたね。


まあ、妥当な選択だったってところかな。


こんなコトいうのも何なのですが、これといった大きな展開もなく何だか淡々と物語が進んだなあって、そんな感じがあたしはしました。


これが、シュウメイを連れ戻そうと上海にまで行くとか何とかとか……また、シュウメイも蓮介を選んで、映画のオファーを蹴ってしまうとか何とかとか……


そういう展開をみせるのかなあ、とも観ていて思ったのですが、そういうの、なかったですねえ。


唯一、役場のデザインコンペをレゴリスと戦った、くらい?


面白くなかったって訳じゃないけど、どきどきわくわくもなかった?



でもまあ、それもアリかな。
10代20代の恋愛のドラマだったら、そういう派手な展開にしても良かっただろうけど、そこまで突っ走れる程若くはない……だったら、そういう大人な恋愛の展開の仕方でよかったのかなあ、みたいな?


そんな感じがしました。



いいなあ、って思ったシーン。
コンペ用に作った椅子、柚月(北川景子)にあげたやつね。あれを大貫社長が褒めてたでしょ。
あのシーンはいいなあって思えました。


大貫社長を見直しました(笑)。
蓮介の仕事の腕は、ちゃんと評価してんだなあって。





こういうお洒落な家具も、このドラマを観る楽しみの一つでした。



▲このチェアー、風見(松田翔太)が社長になったら、外されてた(笑)




▲本物は大きすぎて……という方、ミニチュア版がありましたv
 これ、ちょっと欲しいかも。



☆他にもあります⇒ 月恋で使用されたインテリアをみてみる?




ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。