ギネ・産婦人科の女たち第6話感想とか - 特撮アニメにドラマ萌え!

ギネ・産婦人科の女たち第6話感想とか

JIN-仁-と同じくお医者さんのドラマ。やっぱり結構嵌ってます。
ゴッドハンド輝といい、Dr.コトーといい、お医者さんのドラマには基本的に弱いようです、あたしは。


やっぱり命がテーマになっているからかなあ。
そこに生まれるドラマからは、例え作り手の創作だとしても胸に響く何かを感じます。


ギネ・産婦人科の女たちも、泣けるエピソード多いし。6話も16歳の女の子の話しは泣けてしまいました。


柊奈智役の藤原紀香もいい感じだなあと思ってます。


藤原紀香って、どちらかといえば華やかな役が多かったように思うのですが(これは、偶々あたしが観たドラマがそうだっただけなのか、ですが)、例えば秘密の奥さんなんて警官の奥さんだけど、実は銀座の伝説のホステスさんで事件を解決するという正義のヒーロー的な役でしたもんねえ。派手で格好いい役。


でも、ギネ〜での役は無口で愛想悪くて……地味なイメージがあるんですよね。今までとは少し違う藤原紀香って感じ、かなあ。


その奈智が患者の遺族に訴えられて、物語は波乱の予感ですが……
あの家族と那智は和解できるのか、気になります。


預かってた赤ちゃんを返しにきた保育士に連れられてた那智の子供に、その遺族の女の子が水をかけるシーン。


あれにはどきっとしました。
あの女の子は奈智を母親の仇と思い込んでいるんですが、それも解れるんでしょうか。


今後の展開、どうなっていくんでしょう。



犬ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ
(記事内の商品リンクは楽天市場のものです)



■lecca CD【My measure】09/11/18発売







ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。