彦一(草なぎ剛)達の気持ちを思うと… - 特撮アニメにドラマ萌え!

彦一(草なぎ剛)達の気持ちを思うと…

とても切ない展開だった任侠ヘルパー第10話。ここ暫くもそんな風だったのに、10話はこれでもか…というくらいに色々な事が表に出てきて、本当にやるせない気持ちにさせられました。

だからといって晴菜(仲里依紗)達の反応は尤もなところだろうし、一緒に仕事をしたくないと辞めたヘルパー達を責める事も出来ない思うんですよね。

やっぱり怖い$「界の人達だもん。

救いは火事になった時に施設の老人達を必死で助けた彦一達を、晴菜が「彼らはヘルパーです」と奇異の目で遠巻きにみてた人間に反論したシーン。

研修の為とはいえ彦一達は真面目にヘルパーの仕事を、していたのだもの。その事を晴菜がちゃんと思い出してくれてよかった。

…と。
かなり彦一達に思い入れているあたしです。


でも、このドラマ。
本当に考えさせられる事が多いです。

『介護』がいつ自分の身に降りかかるか知れないテーマだからでしょうね、きっと。

自分が介護をしてくてはいけなくなった時に、果たしてちゃんとやれるのか不安だし、される側になった時一体どうなるのか。

はっきり言って怖いって思う。

羽鳥晶(夏川結衣)の言った介護する側の事を考ええた℃{設というのも、ああそうかって納得出来るものが確かにあった。

現実に介護に疲れて…の悲劇は起こっていますから。

少しでも介護する側の負担を減らそうという考え方も、あり、ですものね。

ドラマ中で、羽鳥晶自身もアルツハイマーの母親を捨てて…という事が語られていましたが、彼女もきっと先の見えない介護に疲れ果てて…という経験を持っているからこそ辿り着いた信念だったのだろうなあ。

そんな風に思ってました。

病気の母親を捨てた羽鳥晶が、その母親と同じ病気になってしまったのは、ドラマとはいえ何ともやり切れないですねえ。




サソード坊ちゃま(←違うって。@山本裕典)が実は組の者だったというのにはちょっと驚きましたけど。

この研修の目的も何やら明かされてきましたし。

結構真面目に観ていたこのドラマも来週いよいよ最終回。どんな結末になるのか、楽しみではあります。

出来れば皆がハッピーだと思える結末になればいいなあ。



彦一が涼太(加藤清史郎)の義父になってしまう…のがハッピーエンドかどうかはここでは置いといて(笑)


ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ

←坊ちゃま@山本裕典君の'10 のカレンダーが出ていたので貼っておきますねわーい(嬉しい顔)

……なんか、
いつまでも山本裕典君のことはサソード坊ちゃまといってしまふ(苦笑)


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
やっぱ彦一にはリコちゃんとくっついてほしいなぁ〜。
で、涼太くんを引き取るっていうのでどうですか?

このドラマは私も結構真面目に見てて、かなり考えさせられます。
若年性アルツハイマーという病気は、このドラマで初めて知りました。
介護って、本当に他人事じゃなくて、すごく大変で、問題も多いんだということ、改めて考えさせられました。
最終回、見逃さないようにしないと(^^;) 
Posted by beadslove at 2009年09月11日 12:33
書き込みありがとうございますv

彦一がリコとくっ付くのかどうか、
それも気になるところですが
二人で涼太君を育てるというのも
アリですね!

初めは軽いノリで観始めたのに
こんなに重いテーマが描かれたドラマだとは…
でした。毎回真剣に観る様に
なっちゃってます。

最終回、気になりますね。
Posted by 特撮好きだもん at 2009年09月12日 11:10

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。