ディケイド、シンケンジャー劇場版観てきましたvv - 特撮アニメにドラマ萌え!

ディケイド、シンケンジャー劇場版観てきましたvv

早速映画館にGOしてきました。

親子連れが多かったのは想像してましたが、意外とお兄ちゃん三人組の
観客が多かったんですよ。

みんな観ているんだなあ<日曜朝。
……と、思った次第でした(笑)

で、だ。
12月にディケイドとW(ダブル)の映画ぁ?! 続ける気??
と予告で流れたCMに眉を顰めたあたしです。

ライダーだけじゃない!
ウルトラマンも12月に公開予定?!

いえね、年末はヤマトを観に行こうかなあと子らと言ってたので……
でも、三本も観に行けないって。

むー。


では映画の感想。今日は映画の方を先に書きますのでTVは後ほど。

以下ねたばれを含みますので、これから観に行こうという方は
ご注意下さいね。

『劇場版仮面ライダーディケイド』公式ビジュアルブック

応援お願いしますテレビブログランキング人気ブログランキングへ

大雑把な感想。
ディケイドシンケンジャーも面白かったです。映画館の大きなスクリーンで観ると迫力もありましたし。

ま。
細かい事をいえば、多少は納得いかない点もまああるにはあったんですけど。特にディケイド。
まだTVの方が完結していないから、というのもあるのかも知れませんが。

でもなあ……

という事でディケイドの感想から。

士(井上正大)大ショッカーの関係者かも…というのはネット上でも言われてましたし、そうかもなあとあたしも思っていましたが、そうでしたか大首領殿でしたか。

…ってえ感じでしたね。
だったら、その背景ももう少し描いて欲しかったなと。何で士が大ショッカーの最高権力者になったのか、とか。両親の死因だとか、

士が首領ならば、TVの方で士を見てね、大ショッカーの幹部さんが何で士に気付かないんだろう…とか。

そもそも何で記憶を無くしたのか、とか…細かい点をあげればきりないんですが何といってもね、士が鳴滝のいう世界の破壊者≠セというのはそういう事だったのかと理解できましたが、
だったら第一話で士に「九つのライダーの世界を巡れ」と言った渡(瀬戸康史)は何者だったのかなあ、と。

士が世界を巡る事で橋≠ェ出来て、それを辿って大ショッカーが世界を手にしようと目論んだのならば、士は世界を巡ってはいけなかったのでしょ?

第一話にいた世界で、しかも記憶を無くしていたのだからそこにそのまま留めていた方が良かったんじゃない。それを旅に出させた渡の意図する所って何だったのだろうって思った訳ですよ。

鳴滝が士の旅を終らせようとやっきになっているのも橋≠
掛けて廻る事になる事態を拡げない為だったのだし。


光栄次郎(石橋蓮司)も謎だらけのまま。夏海かん(森カンナ)の前で死神博士の姿になったのに、しかも士達にやられた筈なのにさ、何事もなかったように光写真館に戻ってきてるし。

それを士…は兎も角夏海かんやユウスケ(村井良大)がそれを突っ込んでない。

何故??!!

とまあ、まだまだ謎の部分も残っている映画でのストーリーとTVがどう結びつくのかはこれからですけど、どう完結するのか益々楽しみになりました。

でもね。
歴代ライダー揃い踏みはやはり観ていて壮観な眺めでございました。出来ればオリジナルキャストの方々にももっと出て欲しかったですね。まあ、それをしたら収拾つかなくなるかも、なんだろうけど。

だからいっそのことね、2時間くらいの時間でライダー一本での上映という事でディケイドの映画、してほしかったなあ♪ と思うのは贅沢かしらね。

GACKT結城丈二も格好良かったvv だからね、もっと出てきて欲しかったのですもん。あのシーンで士と一緒に変身して戦って欲しかったなあ。腑抜けになってる士をもっと叱咤してですね♪

あそこまで腑抜けな士っていうのも珍しいなあと思ったのですが、雨の中で夏海かんに拒絶される士は、本当に士らしくなかったですね。

妹や組織に裏切られて行き場を失った士の最後の拠り所が、光写真館=夏海かんの傍だったのだから。そこにまで拒絶されてしまった士の味わった喪失感は尋常ではなかった筈ですもんね。

それ故にあそこまで腑抜けになってしまったのも分かります。だからかなあ、最後に見せた士の笑顔は本当にいい笑顔でしたv

……満面の笑みを浮かべる士っていうのも、ある意味士らしくない?(苦笑)



印象的だったのはユウスケのサムズアップ。何だったかなあ、村井良大君が「自分は五代雄介(オダギリジョー)ではないからサムズアップはしない」というのをどこかで読んだんですが映画の中で士に向かってサムズアップしたシーンがあったんですよ。

あたし的にちょっと…きゅんときました。

それと浅倉王蛇(萩野崇)さまと矢車兄(徳山秀典)の出演♪ 声だけなんて残念ですわ。

そのユウスケが黒い目のアルティメットになった時は、ショックだったいうか胸がずきんとしましたね。

クウガ本編で黒い戦士≠ヘなってはいけない姿。五代くんはダグバと雌雄を決する為に敢えてその姿になる道を選ぶんですよね。その事が頭に浮かんできて、ユウスケがライジングアルティメットの姿に変わったシーンでは、結構堪えました。

で、ですたい(急に九州弁(笑)
地獄大使(大杉蓮)ガラガランダに、死神博士イカデビルに変身するシーンで下の子が「トイレ」言い出しまして(TT)、大急ぎでトイレに行って戻ってきたらすでに全ライダー集結のシーン!

その間にどんなドラマが存在したのか、気になって仕方ありませんっ! だからジュースばっかりそんなに飲むなって言っただろーっ、みたいな。

パンフによると、夏海かんが海東くんを説得するのに笑いのツボの必殺技を駆使したとか何とか……

観たかったです。


あ、シンケンジャーの感想まだだった。
だらだら書いても何なので、シンケンジャーも改めて。


ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
こんばんわー!!!おじゃまします

さすが、特撮好きだもんさんのツッコミ!!!
鋭いっ!!!
士が大首領だったら、大ショッカー幹部は気付きますよねぇ(笑)
栄次郎さん=イカデビ〜ルも、なぜ!?
・・・ってカンジでした。

お子様のお手洗い中の流れは・・・
私もあまり記憶がはっきりしないのですが
ディケイドとディエンドが、大ショッカー軍団と戦ってた記憶しかないのですが・・
パンフにあった夏みかんちゃんのツボ押しは、カットされたんじゃないかと思います。

ではではっ!!!
Posted by ともぴょんっ隊長 at 2009年08月11日 20:10
夏海かんちゃんの必殺技は
なかったのですか。

残念(?)
海東君がどんな笑い方をするのか
観てみたかったのですが(笑)

映画での??はTVの方でちゃんと
解決されているのか、気になります。

30日、上の子の剣道の試合は本選に
進まなくて良かったなあ〜(え?)

リアルでTVに齧りつけますから。
Posted by 特撮好きだもん at 2009年08月12日 14:47
古い記事に、コメントしてすいません今回
はディケイドの考察を、しに来ましたでは開始
しようかな
第1話より前
士が大ショッカーの大首領だったころ
おそらく、海東はこのころに自分の世界を旅立ち
士の世界に、辿り着いたと、思われる
そして士と出会い、ディエンドドライバーを奪った
ここからは士の話に海東さんのことをまじえて
行きます
士は月影ノブヒコに世界の消滅を止めるためと
偽ってライダー討伐の旅に出た(おそらく士はこの時点で橋を作って世界を巡る力があった)
Posted by 特撮の旅人 at 2010年05月17日 08:53
前のコメの続きからです、
このことが、後に大きな計画となって士を襲う事に
なる、ディエンドドライバーは、おそらく他の
大ショッカーの方が、士とともに旅に出て
協力するために、作った物と思われる
士は各ライダーの世界を、旅したがライダーに反撃
を受けた、それが第一次ライダー大戦である
そして士は、記憶を失くしたのである
士が何故自分が、知らないと思っている事を知っているかはこの旅が理由である。
Posted by 特撮の旅人 at 2010年05月17日 11:10

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。