秋吉かなこ(仲間由紀恵)はやっぱり犯人だったのかあ… - 特撮アニメにドラマ萌え!

秋吉かなこ(仲間由紀恵)はやっぱり犯人だったのかあ…

MR.BRAIN 第6話の感想が、
やっとUP出来てる〜もうやだ〜(悲しい顔)

下の子の幼稚園の運動会やら何やらで、PCと遊ぶ時間がか〜な〜り
減ってしまってたここ数日でした。
…と、更新滞ってた言い訳(^^;

ゴッドハンド輝が6回で終ってしまった時は、ちょっとばかし複雑な気持ちで観始めたMR.BRAIN だったのですが、今ではすっかり嵌ってしまっています(苦笑)。何よりも不思議なのは下の子が好きになってる事ですね<MR.BRAIN。

幼稚園年長の歳の子が観て面白いTV番組っすかね、これ(苦笑)。
あたし的には面白いですが。




で、今回の多重人格の話の感想はといいますと……

■ヴァン・ヘイレン CD【JUMP〜ベスト・オブ・ヴァン・ヘイレン】09/6/24発売←TBS系ドラマ「MR.BRAIN」テーマソングです
応援お願いします→テレビブログランキング 人気ブログランキングへ

切なかった。

かなこが人を殺すシーンは結構ショッキングだったし、仲々恐い話だと思いながら観ていた分かなこに手錠が掛けられた時は切ない気分になってしまいました。劇中で九十九龍介(木村拓哉)が拳をぐっと握り締めたのも、あたしがドラマを観ていて感じたのと同じ気持ちだったかも。そんな気もしました。

かなこは15年もあんな場所に閉じ込められて、誘拐犯からずっと暴行を受けていたんですよね? で、やっと出られたのに結局はまた閉じ込められる事になってしまったのだから。

何だかやるせないラストだったなあ。
自分をあんな目に遭わせた奴らに復讐したいって思うのは、あの設定だったらとても分かるし。それだけに……ねえ。

九十九にいいように(?)利用されている由里(綾瀬はるか)もお気の毒で…(^^; 先週の講義の時といい。閉じ込められた後の、あの地下からぬお〜っと出て来た時の由里ちゃんに、悪いけど笑ってしまいました。

でも、あの由里があんなに変わってしまう程暗闇は恐かったって事ですものね。それを15年……

で、あの刷り込みの実験が今回の話しでああいう風に生かされた…
って事でしたのね。予告で出ていた嬉しそうに「九十九さん」と
走ってきたかな子のシーンが、実はあんな切ない場面のだったとは……でした。



リンダ君(水嶋ヒロ)が見たのが、本来の…というか本当のかな子の人格だった訳ですが、きれいなお姉さん≠チていうキャッチコピーのCM、仲間由紀恵が出演してましたよねえ←と、ドラマと関係ないツッコミをしてしまったあたしでございました(苦笑)。



MR.BAIN からはちょっと離れますが、以前に多重人格者に関してのノンフィクションの本を読んだ事がありまして、その本に書かれた女性には400もの人格が現われたんだそうです。
【古本】ジェニーのなかの400人/ジュディス・スペンサー

今回のMR.BRAIN を観ててこの本の事を思い出したので、ちょっと紹介。興味を持たれた方是非。内容は結構ハードで衝撃的な部分もありましたので、念の為。や、ノンフィンクションって事は実際にそういう目に遭ったって事ですものね。【古本】は気にしないでね。だって、これ紹介文はいじれないから。

ひらめき応援ぽち、お願いします
にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ
◆記事内の商品リンクは楽天市場にジャンプします


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。