景虎(玉山鉄二)さまの出演が回想シーンになってしまった(TT) - 特撮アニメにドラマ萌え!

景虎(玉山鉄二)さまの出演が回想シーンになってしまった(TT)

一応OPに名前は出て来たけれど、(回想)って付くんだもんなあ。

……と、あくまでも景虎さま一番な感想の書き出しなあたしでございます。
十六回の内容からすればこの記事のタイトルは「兼続君若くして家老職にvv」(←何故vマーク?)ってえ感じになるってものでしょうにね(笑)

などと埒もない事を思った「天地人第十六回 信玄の娘」、

直江兼続(妻夫木聡)は22歳で家老に抜擢されたんだ。
そりゃ、色々揉め事も出てくるだろうなあ。若くして上にのぼったら、それこそ周りから妬まれたりやっかみを受けたり…
人間関係のぐちゃぐちゃには、流石の兼続君も手を焼く羽目になるんじゃ……と余計な先読みもしちゃったりして。

その挙句直江信綱(山下真司)が命を落とす羽目に…?

信綱ってあんな死に方をしたのかしらん。戦場で命を落としたものとばかり……。このドラマ上では人事の揉め事で……なんだ。

うーん。
何といいますか………兼続に味方したばっかりに、と思わないでもないんですが。何にせよ、景虎さまも信綱さんも天地人のドラマからはいなくなってしまったんだなあ。
炎の蜃気楼」縁のキャラがいなくなってしまったのは、淋しい限りですね。

で、兼続君が直江の家に婿養子にいく事になるんですね。樋口の家云々と言っていたのですが、何? 樋口惣右衛門さんは改名? でもってご隠居ですの?? 兼続は樋口の家の跡取りとか何とかは考えなくてもいいような??

そこまでは深く追及しなくてもいい問題だったのかしらん。与七(小泉孝太郎)もいるし。

あ!
景勝(北村一輝)君の事も書いておかなきゃ、ですね。なーんにも触れてないし(苦笑)。メインは景虎さまに信綱君だったからなあ。ここんとこ、特に(苦笑)。

菊姫(比嘉愛未)との婚儀が挙行されましたが、そう簡単に心は開いてもらえませんですね。
気持ちは分からないでもないですが。いきなり見ず知らずの男の嫁になれ言われて、式は挙げてもそう簡単にダンナとして認められるかというと、そんな単純な問題じゃないよね。戦国の世の姫の宿命とはいえ難義な事です。あたし、こういう時代に生まれてなくてよかったよとしみじみ思ってしまいますわ。

でもひと月も部屋から出なかったって……姫様、それはやはり身体によくないと……

そういう事を考えると、景虎さまと結婚できた姫は恵まれてたんだなあ。あの時代に好きな相手に嫁す事が出来たのだし。また、その相手は今でいうところのイケメンヒーローじゃん♪ ただ、結末は悲劇だったけど。それもまた戦国の世の習いってところですかね。

……どうしても景虎さまとさま&tけしてしまうです。やはりあたしの中では別格だからかな。演じる玉山鉄二さんもガオレンジャー以来お気にの俳優さんの一人ですし♪

まじ、別嬪さんでしたのよ〜<玉鉄vv
必死でファイナルライブツアーのチケット取った甲斐もあったと当時思いましたもの。
★まーた色々出てます<天地人グッズ。ちょっと並べてみた。
      
こりゃまたあるわあるわ。ドラマと何の関係が? とか、兼続とどういう縁があるんかいな? みたいな物まで選り取りみどりですよ(苦笑)。
他にも見てみたいという方は
★天地人あれこれ・楽天市場★
←ここをクリックしてみて下さい


あなたのひとポチがアタシの糧になります黒ハート
にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。