とうとう景虎(玉山鉄二)さまが…(TT) - 特撮アニメにドラマ萌え!

とうとう景虎(玉山鉄二)さまが…(TT)

ついに景勝(北村一輝)と景虎(玉山鉄二)が勝負にでた
天地人 第十五回 御館落城

女だてらに敵地に乗り込むなんて凄い度胸だなあ、お船(常盤貴子)は……と思っていたらあらまあっさりと仙桃院(高島礼子)の元に来ちゃったのね(苦笑)

そんな感じも受けてしまった(苦笑)。
出来るなら、敵地に乗り込むのだから色々と危険な目に遭いそうになるとか、緊張するシーンも欲しかったかなあ←欲張りですかね。

前回兼続が武田の陣に乗り込んでからもそんな風に思ったのですが…

★天地人あれこれ・楽天市場★
←あんれま、こんな物まで出ているのね〜と、思わず感動(苦笑)
何となく物足りない。
戦のシーンもそんなにはなかったように思えるし。色々あるだろうけどさ、戦の場面も時代劇ならではってシーンなのだからもう少し見てみたいような……

不謹慎かしら。
戦のシーンももっと観たい、だなんて。

でも、何か物足りない感が拭えないんです。人間ドラマの方に重心を置いているって事でしょうか。

で、ドラマの方ですが…頑なな景虎の心を揺さぶったのは仙桃院、力に任せて雌雄を決しようとる男衆では景虎を説得出来なかったって事かしらん。

まだ幼い子供を景勝への忠誠の証に差し出すなんて、
兼続の幼少の時の事といい戦国の世の倣いとはいえ、辛い事ではありますねえ。

などと、呑気に思いつつドラマを観ている訳ですが。
まあ、ドラマ上の演出はあるでしょうがこういう時代もあったんですよね。うん。

このドラマを観る限りでは御館の乱は家臣の暴走(?)が事の発端って気がするんですが……
景勝も景虎も結局はその尻拭いをさせられた、みたいな。兼続君達が先走って春日山を占拠したばかりに、景虎さまは景勝不信になってしまった訳でしょ。

道満丸の事も、ドラマを観た限りでは景虎の家臣の誰かの仕業みたく感じましたし。

景虎さまの家臣…えと、誰でしたっけ北条に戻るとか言って、最後離れていったヤツ。

思わず冷てえなあ、と思っちまったやん。

何にせよ不運だなあ。二人とも。
謙信公がきっちり跡取りを言っておけば良かったのにな。実子がいたら起こらなかった戦……かどうかは別問題か。実子がいても跡目争いは起きる時は起きるものね。

でも景虎様、今回で出番終わりなんですよね……で、直江信綱確か亡くなるんですよね。で、お船の再婚相手に兼続がなる、と。

で、現代に蘇った直江信綱は上杉景虎の家来になって……や、だからそれは橘義明仰木高耶でこっちの二人とはちゃうっちゅうねんて。
何にせよ『炎の蜃気楼』キャラが二人とも消えてしまったのが少しばかり寂しいあたくしでございました。

こんだけ引き合いに出している割には実はまだ『炎の蜃気楼』は未読です(苦笑)。

晴れご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。