ゼロワンがー! - 特撮アニメにドラマ萌え!

ゼロワンがー!

ケイタ(窪田正孝)を守り抜く事が出来た、と満足して死んでいったゼロワンに不覚にも涙してしまった
ケータイ捜査官7 episode: ゼロワンの解
でした。

ゼロワンもケータイなのだから死ぬ≠ニいう表現が正しくないとは
思いますが壊れた=Aじゃないもんなあ。フォンブレイバーって。

ちゃんと人格も個性もあるし。
正に『生きてる』んですよねえ。

ケイタを「バディ」と呼んだ辺りから、ちょっとまずいなあとは思いつつもずんずん感情移入してしまってました。

ケイタがゼロワンの為に泣いたところとか……

で、あの展開なんだもん。

【24%OFF!】ケータイ捜査官7 File 10(DVD) 【発売日お届け!2009年5月26日発売】
泣けるよお!
機械の筈なのに、ゼロワンを二つに割ってチップを取り出した
間明(高野八誠)が極悪非道の大悪党にすら見えましたよ、その辺りのシーン。

過去の事ですっかり人間不信に陥っていたゼロワンを、ケイタは救い上げてやったんですよねえ。

ああいう性格だから深く考えないで、仲間として接しただけだと思うのですが、それが良かった、と。

ケイタをセブンのバディにした事は、アンダーアンカーの思惑をも超えた何かを生み出したのかも知れないなあ、って思えました。

その事を悪用している間明は、やっぱり悪党だあっ!

で、そのケイタにもとんだ災難が。
ああいう風に世間に晒し者にするとは……他のエージェントじゃなくて、高校生のケイタを標的にする辺り、やる事がえぐいです。間明。

兄ちゃん大変な事になっているのに、マスコミが取材にきたらどうしようvv といらん心配をする妹くん。呑気でいいなあ(苦笑)。

でもケイタの事は胸を張っていいと言ったお父さんに、感動。
バイト≠フ仕事内容の事は秘密にしていた息子を、ちゃんと信じてあげられるのだもの。そんな危険な事をしていたのか、とまず怒るんじゃないかと……普通。
で、新聞沙汰にもされたのだし、これ以上は関わらせないという風にならないかな。

ああいう状況で、息子を誇りに思えるお父さんが格好いいですvv


次回はいよいよ最終回、見逃さないようにしなくては。
夏休み中の再放送で思いがけず嵌ってしまったケータイ捜査官7ですが、こんな展開になってくるなんて、ですよ。

間明に持って行かれたゼロワンのラムダチップが、最後の最後でケイタを助ける…とか何とか、そういうコトになるのかどうかは最終回までお預けですね。

今週のフォンブレイバーさん。

01n.jpg

▲間違いなくここですわ。
自分の死≠悟ったゼロワンの、
「最後の最後でバディを守りきった…」と独白するシーン。
ディスプレイに落ちた雨粒が、涙のように見えるんですね。ええい、にくい演出だ。ベタではあるだろうけど、ゼロワンの心情がずん、と響いてきました。


あ、今回OPが二番でしたね。

ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ
●スポンサードリンク





■DB street

■vRecの購入はこちら


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。