直江信綱の出番はまだ先のようで…(苦笑) - 特撮アニメにドラマ萌え!

直江信綱の出番はまだ先のようで…(苦笑)

どうしても仰木高耶(上杉景虎)とか、そっちに縁のある名前を探してしまった「天地人 第一話」だった訳ですが、うちで取ってる新聞に天地人の特集欄がありましてちょっと予習。

後に兼続(妻夫木聡)の妻になる姫(常盤貴子)が信綱とまず結婚するなんですね。兼続とは再婚。おまけに景虎の妻になる姫は兼続の主君、景勝の妹にあたる姫。

ややこしいなあ……

天地人(前編)


や、ややこしく考えてしまうのはどうしても「炎の蜃気楼」キャラが頭を離れないからで、それをすっ飛ばして、素直にドラマを観ていたらそんなにややこしくはない筈なのですが。

と思って公式でチェックしてみたら。
やっぱりややこしい(苦笑)。

済みません、天地人の感想はキャラクターの名前がごっちゃになると予想されます。今から謝っておきます。只でさえ登場人物多そうだし、おまけに其々に幼名と大人になった時名前が違ってくるしでごちゃごちゃしそうなのにね。
でも、景虎よりは仰木高耶、信綱より橘義明の方が馴染み深いものだから。

これを期に「炎の蜃気楼」を読んでみようかなあ、という気になっております(笑)。

で、ドラマの感想ですが(←やっとかい!)

面白そう。

元々、この辺の時代の戦国大名がどんぱちするドラマって大好きですし、時代的にも好きなので、すんなりドラマに入っていけました。

其々の役を演じる俳優さんも魅力的ですし、一年間楽しめそうですね、これは。

特に一話で目を惹いたのが、単身で長尾政景の弔いに城に入った時の上杉謙信
阿部寛の演技、迫力満点でしたねえ。カッコイイー!!!

与六が親元を離れるシーン、じんときてしまいました。主君に仕える為にとはいえ、たった5歳で……。や、実はうちの下の子が5歳なんですよ。それで、余計に感情移入してしまいました。心を鬼にして与六を景勝の下にやった母の気持ちは察して余りあるものがありました。

つか、幾ら成人するのが早かったであろう時代とはいえ、しっかりした5歳だなあ。
ドラマの中だとはいえ、感心。だってうちの5歳児ときたら……(苦笑)。はい、比べる方が間違っているのは重々承知してますが。

大河ドラマを観るのは「義経」以来ですが、安心して楽しめそうなドラマですね。うふふvv

おまけですが、801の神様も降臨しそうな予感が……(殴)
冒頭の豊臣秀吉との遣り取りの後の、景勝と兼続を観ていたらふっと……


単純に疑問に思った事なんですが、兼続は樋口惣右衛門(高嶋政伸)の長男なんですよね。違うのかな。済みません、詳しくないので。で、何で長男なのに名前が与六なのかなー、と思って。最初の子なら与一とか付けそうなのに。何故六≠ネんだろう。

しょーもない突っ込みですいませんですm(_)m

●こんなキャラグッズまであるんですね(笑)。
2009年大河ドラマ”天地人”ZIPPO書道家 煩が書くとこうなります。限定両面彫りシリアルナンバ...

ご協力お願いしますm(_)m→にほんブログ村 テレビブログへ banner_04.gif
特撮アニメにドラマ萌え・トップへ
ブログパーツ



ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
ランキングバナー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。